未経験でも大丈夫!賃貸経営の基本から管理会社との契約まで基礎知識をすべて解説!

>

賃貸経営のメリットとデメリット、デメリットへの対策とは?

アパート、マンション経営のメリットとは?

アパートやマンションなどの賃貸経営には、さまざまなメリットがあります。
まず長期的な収入が見込める点です。
きちんと管理して物件が存続する限り、収益が見込めるため、老後の生活資金の確保のためにも有効な投資となります。
また万が一の際の生命保険の代わりにもなります。
というのも、アパート、マンションを購入する際「団体信用生命保険」に加入することで、契約者が死亡するなどした場合、保険金で住宅ローンが支払われ、遺族にはローンのない物件が残るからです。

経済変動に強いという利点もあります。
インフレなどで貨幣価値が下がっても、現物資産である不動産の価値は変わらないからです。
不動産投資は金融機関などの融資を受けられるため、初期投資額が少なくても気軽にはじめられるのも利点です。
また自前の土地である場合、非住宅用地と比べて固定資産税や都市計画税が軽減されるという利点もあります。

建物への投資で注意すべきこと

賃貸経営にはデメリットもあり、あらかじめ対策を立てておくことが必要です。
まず空き室リスクです。
所有するアパートやマンションの空き室が多いと当然、収益も減り、赤字になる可能性が出ます。
そのためできるだけ空き室が出さない工夫が必要です。
また建物は歳月につれて老朽化します。
老朽化した物件は入居者も少なくなるため、経営する際に定期的なメンテナンスについてもどれだけかかるのか調べておくべきです。
さらに火災や地震など、思わぬ災害で物件を失う可能性もあります。
もしもの災害を想定した各種保険への加入も必要です。

また変動金利、固定期間選択型変動金利のローンを利用すると、金利の上昇で返済額が赤字になる場合も考えられます。
不動産投資を始める際に、余裕のある経営計画を立てることが重要です。
何らかの事情で、物件を売却せねばならない場合も、すぐ買い手が見つかるとは限らず、希望の額で売却できないこともあります。


この記事をシェアする