未経験でも大丈夫!賃貸経営の基本から管理会社との契約まで基礎知識をすべて解説!

>

物件管理を代行する賃貸管理会社と確実な収入を約束する契約

オーナーの味方、賃貸管理会社とは?

アパートにしてもマンションにしても、賃貸経営には物件の管理、維持から、入居者の募集、要望などへの対応など、管理者としてさまざまな対応が必要となります。
これらの管理を完全にこなして、空室が出ない賃貸経営を行うことは、ノウハウのない素人にとっては大変です。

そこで役立つのか賃貸管理会社です。
専門のノウハウを持つ賃貸管理会社が、物件のオーナーに変わって管理を行うことで、賃貸物件として安定した経営が可能になります。
また管理会社によっては入居者の募集を行うところもあり、より空室リスクを軽減させ、安定した賃貸収入を得られます。

管理会社の主な収入は、管理委託料として賃料の5%から10%を受け取る。
また入居者が入るときの仲介手数料や、入居契約を更新する際の更新手数料などです。

オーナーにメリットのある契約方式とは?

賃貸管理会社や保証会社と契約する際に「家賃保証契約」というものがあります。
これは物件に空室が出ても、空室分の賃料の8割程度を管理会社が保証し、オーナーに支払う制度です。
オーナー側は入居者の有無に関わらず、安定した収入を得られるメリットがあります。
一方でこの契約は、通常の契約よりも管理委託料が高くなります。
またどうしても空室が埋まらない場合は、管理契約の解約にいたることもあります。

またオーナーがアパートなどの一棟を所有する場合は「一括借上げ」も利用できます。
これは管理会社が一棟すべてを借り上げ、管理と経営を行う契約です。
オーナー側のメリットは、賃貸経営の知識がなくとも賃貸物件を立てられ、管理は管理会社に一任するため、何もする必要がない点です。
デメリットには、契約後の2,3ヶ月は募集期間として賃料が支払われない場合がある。
空き室の増加や家賃の値下げで賃料が低くなる場合もあるといった点です。


この記事をシェアする